店内メニュー

おせきもちは添加物を使わない自然食品の為、日持ちしません。
その日にお召上がり下さい。


メニューのご紹介

おせきもち
私は、いままで書いた魅力の本に、一言もその土地の名物を書かなかった。食べ物にはひと筆ももちいなかった。 しかし、鳥羽街道の「おせきもち」だけは一口、口の端にのせておきたい。 それは新しい感覚の店構えながら、中に入って床几に腰をかけ、名物を口にし、茶でのどを濡らしていると、旧幕時代の赤ゲットもかくやと思われるからである。 この地にむかし―江戸時代のことである―おせきという美人娘がいて、鳥羽街道往来の旅人に、餅を売り、茶を供した。 編笠の形をしたあんもちをささの裏に列べて憂き旅路を重ねる人の旅愁を慰めたのだとか。
むかしは峠の茶屋には、その一人娘がおったし、街道には必ず美人娘が店を賑わしたものであった。おせきもちはその一波であるが、腰のつよいもちと丹波大納言の味とに、おせきのおもかげが宿るが、柔らかい風味に心を引かれる男は、私だけではない。今でも幾キロメートルの道を曲げて、汗を拭いておるドライバーが床几を占領しておる。

中村直勝 著「新・京の魅力」より


おはぎ

持ち帰り
おせきもち、おはぎ共に、お持ち帰り商品各種とりそろえております。
*自然食品の為、日持しません。その日にお召上がり下さい。


トップページ  店内メニュー  歴史  店主より  お問い合わせ  店舗情報  サイトマップ